コンプレッサーの省エネ 圧縮空気の省エネでCO2削減 

国内クレジットソフト支援

国内クレジットソフト支援  

支援実績  

\轍県 申請番号0432 浜名部品工業株式会社 自動車部品
∪轍県 申請番号0439 株式会社アイゼン 自動車部品
静岡県 申請番号0750 藤枝オートライティング株式会社 自動車部品
だ轍県 申請番号0768 睦工業株式会社 自動車部品
ダ轍県 申請番号1139 株式会社アイテック 自動車部品
静岡県 申請番号0186 有限会社アピオ 自動車部品
Ю轍県 申請番号0299 株式会社アスキー 自動車部品
╂轍県 申請番号0440 遠州精工株式会社 自動車部品
茨城県 申請番号0702 大成ブリキ印刷株式会社 金属印刷
静岡県 申請番号01139 株式会社アイテック 自動車部品 2012/05/28
静岡県 申請番号01144 株式会社長尾工業 自動車部品 2012/05/28
奈良県 申請番号01145 三笠産業株式会社 プラスチック成形 2012/05/28

国内クレジット制度ホームページ/排出削減事業地域マップ/静岡
http://jcdm.jp/items/map.html

国は中小企業の省エネ(CO2削減量)を求めています。  

一般に中小企業は改正省エネ法の規制を受けません。従って、何かをしなければならないという状況ではありません。しかし、省エネを実施して、その結果、CO2が削減できた場合、その削減量を京都議定書で約束した削減の一端に役立てることができるようになりました。そのため、国は中小企業の省エネを促進するよう、中小企業の省エネをするための支援策を準備しています。
国内クレジット制度ホームページ http://jcdm.jp/

中小企業のための支援策  

‐淵┘与巴
⊂淵┘夕損楫弉
省エネ実施計画の審査支援
一般に、中小企業では省エネの専任員がいません。現状がどうなっているか、どうしたらよいかということが分からないことが多いようです。そこで、現状を診断して、どうすれば、どれほど省エネになるかを計画する支援を行います。そして、その内容が適切であるかどうかを審査してくれます。

支援に要する費用は国で負担  

このような支援は、国内クレジットソフト支援実施機関が行います。これに要する費用は、一切を国が負担します。中小企業(排出削減事業者と呼ぶ)は無料で受けることができます
ただしこの支援を受ける条件として、
削減できるCO2が全電源炭素排出係数で計算して50ton-CO2/年の必要があります。

ソフト支援実施機関  

弊社はソフト支援実施機関の一端を担っています。(日本環境取引機構 http://jctx.org国内クレジット事業支援センター http://www.kokunai-shien.jp )弊社に連絡いただいても構いません。
その他の機関をインターネットでも検索することができます。

国の支援を受けるといろいろ面倒では?  

いろいろな手続きはソフト支援実施機関が実施してくれます。支援を受けた後で、必ず計画通りに実施しなければならないという規制はありません。

中小企業の経営者にとって、大変有益な支援です。  

コストダウンに直結します。  

地球温暖化防止に貢献できます。  

別項の補助金の利用を併用して、設備投資額を大幅に減らすこともできます。
シェアードセイビングス契約を使えば設備投資額ゼロで省エネを実施することも可能です。

a:2672 t:2 y:1

powered by Quick Homepage Maker 3.37
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional